府中市にお住まいのある30代の方の不妊でお悩みのお話になりますが、先日潰瘍性大腸炎を患い、なかなか妊娠できなかった方が出産されたお話です。
 
 結婚2年目になりますがいろいろ治療方法を試みてみるがなかなか妊娠できず、ある時期に原因不明の潰瘍性大腸炎になりました。
 
 下痢の症状は時々ありましたが、病院からアサコールを処方され服用しながら普通の生活は送られていました。「こんな状況でも妊娠できるのか?」という不安はありましたが何かできることはないかと思い産婦人科にも通院されま したが、良い結果にはなられなかったようです。

 そこで漢方が良いと言うことを知人に紹介され、当店で相談されました。
基礎体温表を見ても高温期が短く卵胞期が不安定だったので、まずは卵巣を整え卵子の力を上げることをテーマに身体作りをされることを伝えました。

 また、潰瘍性大腸炎の状態もありましたので腸を整えながら免疫も上げることも考えましたので、2種類の漢方薬と整腸剤を服用してもらいました。

 下痢などの症状は少なくなり、体調も漢方を服用しはじめて徐々に体調も良くなったそうです。しばらく連絡がなかったのでお手紙を出してみると潰瘍性大腸炎の影響からか痔になり入院され手術をしたとのことでした。そのことでお金がかかってしまったのと、精神的にもショックがあり不妊治療はしばらく休むと言われました。

 その後、「生理が止まりました」という連絡があったので手術の影響か?と思っていましたが産婦人科に行ってみると妊娠3ヶ月と担当医より伝えられました。

 しかし、妊娠しているとは気付かず手術で麻酔薬や強めの鎮痛剤を投与されたので胎児に影響がないかすごく不安になられていました。産婦人科の先生も薬の影響はわからないので手術した病院と薬の副作用センターに聞くように言われたようなので、当店で調べた結果ほとんど影響はないことがわかり、本人さんに伝えたところ涙を流して喜ばれていました。
 
 しかし、元気な赤ちゃんを産んでいただくためと、お母さんも元気でいただくために、妊婦さんに良い漢方と栄養素はしっかり服用していただきました。
そして先日無事、体重3300gのムチムチの女の子が生まれたそうです。

 今は「慣れない育児に追われていますが、バタバタ中でも娘は可愛くて、完全母乳で日に日に重たくなっています。癒されながらマイペースを心がけています。」という事で母子共にお元気そうで何よりでした。\(^-^)/