平成も終わりいよいよ令和の時代がきました。

元号があるのは日本だけらしいですが、「令和」は古い感じと新しい感じがあって個人的には良い響きだなと感じています。

元号が変わるということは、時代が変わる節目だと思いますので、年越しを迎えるのと同じように新たな気持ちで過ごしていこうと思いました。

とはいえ、日々のストレスや悩み、病気などつらいことはすぐには変わらないかもしれませんが、新しい時代を迎えたということは「変わる」ということでもありますので、新しい時代の自分として「こうなりたい」という思いをしっかり描いてみるのも良いかもしれません。

令和は希望のある時代になればいいなと思いながら、今後とも宜しくお願いします。
(アメーバブログにも掲載しております)
                薬剤師 子宝カウンセラー 柳父研一